新ホームページが出来ました!!

スタジオの新しいホームページが完成しました!!

デザイナーさんと打ち合わせを繰り返し、レイアウトや写真などもこだわって作製して頂きました☆

とても素敵な仕上がりになってるので、是非覗いてみて下さいね!!


赤川智保モダンバレエスタジオ
新ホームページ




北海道現代舞踊公演に出演します!

スタジオが出演する舞台のご案内です☆

一般社団法人 現代舞踊協会主催
「北海道現代舞踊公演2015 〜 Hokkaido Performing Arts Modern Dancein Sapporo〜」
11月28日(土)開演18 :00
教育文化会館大ホール
チケット 3000 円

??オムニバス作品「霧の谷間」
台本/演出 能藤玲子
「見え隠れする霧の谷間に道はあるのか、創るのか。生き方を迷わせる中に一瞬の晴れ間が輝く。」

一章「霧わたり」 創作 / 赤川智保
赤川智保 赤川詩織 赤川修平 柴田良子
片山梨沙 永吉礼佳 榮利真希子
北村さおり 谷詰翔太 亀渕莉央

二章「霧隠れ」 創作 / 能藤玲子
稲村泰江 五十嵐里香 東佐由理 伊藤葉子 伊藤有紀 小松昴太 江苅美卯 木村功
向井章人 赤川修平 谷詰翔太 赤川智保
渡部倫子 能藤玲子

??招聘振付作品「BARBAROI 」
 演出・振付 / 二見一幸
「我々は、遥か昔から儀式や祭りなどで踊りを踊ってきた。私達の中にある、この伝承的な記憶、踊りたいという欲求を作品にしてみた。」
佐々木絵美 布上道代 行貞悦子 工藤紋
早川沙弓 赤川詩織 佐々木麻千子 宮脇誠
向井章人 二見一幸


今回は現代舞踊協会北海道支部からのお声をかけもあり、合同作品の部門に参加することになりました。
札幌で数々の功績を残してきた能藤玲子先生(能藤玲子創作舞踊団)が監修のオムニバス作品と、東京で活躍中の舞踊家・二見一幸先生(La Danse Compagnie Kaleidoscope)が振付される合同作品に出演いたします。


いつものような大人数の群舞で魅せるスタジオらしい自由作品とは異なり、現代舞踊協会員とそれに準ずるスキルのあるダンサーのみで構成されるひと味違ったパフォーマンスです。

出演メンバーも気合いを入れて挑みますので応援よろしくお願い致します!

今月から合同リハーサルも始まりますので、こちらの情報も随時お伝えしていきます☆☆






札文団フェスティバルが無事に終演いたしました!

暖かい応援、本当にありがとうございました!
2歳7ヶ月のエンジェルさんから30代のベテランダンサーまで、一つの作品を表現する為にみんなで力を合わせてパフォーマンスすることができました!
約10分の作品だったのですが、
「あっというまだった!!」
「気がついたら終わってた!」
という感想が多く、ダンサー達がとても集中して取り組んでいた様子が伺えます。

今回は出演人数も多かったのですが、先輩お姉さんが小さな生徒のお世話をしたり、準備や後片付けなどをジュニア達で率先して行っていたり、学生男子が先生の重い荷物を当たり前のように運んでいたり・・・。
思いやり・譲り合いで楽屋での待機時間もスムーズに過ごせていました。
(一部のおチビちゃんはハシャギまくっておりましたが☆笑)

舞台を通して学ぶことはダンスのテクニックや豊かな感受性だけではなく、自分の仲間たちが安心して踊る為に何が出来るかを考えたり、組織の中での自分の役割や立ち位置を考えテキパキ動く事が出来るようになります。
今は小さなエンジェルさんたちも、きっと、この舞台で先輩お姉さんに優しく教えて貰った事を、小さな後輩に同じように教える日が来るでしょうね!

バレエという非日常的なシチュエーションの世界の中だからこそ「現実社会で役立つ想像力や行動力」が自然と身に着くということ。
こういう部分は、あまり知られていないかもしれません。

これからもスタジオでは、生徒たちがそれぞれ抱いている夢に向かう強い気持ちを応援していきます!

皆さん本当にお疲れ様でした☆


フェスティバルの本番まであと1週間を切りました

フェスティバルの本番まであと1週間を切りました。リハーサルも佳境を迎えております。
今回発表させて頂く「たからもののかくしばしょ」という作品にはコロポックルをイメージした妖精が出てきます。
コロポックルとは北海道特有の妖精でアイヌ語から「蕗の葉の下の人」という意味があり、題材になっている伝説や物語がたくさんあります。

自然界に同じ形のものが存在しないように、妖精役で出演のジュニアダンサー20名もそれぞれがとっても個性的です!
元気な妖精、優しい妖精、楽しい妖精…など、自分の個性に合わせた役柄を演じながらダンスに取り組みます。
もちろん衣裳もその生徒に合わせてデザインされたものなので、すべて違った装飾になっております。やっぱり「自分だけの特別な衣裳」というのは嬉しいですよね!スタジオでは色々な角度から生徒の素敵な個性を引き出し、発表に繋げていきます。
劇場にお越しの予定の方は作品の内容と合わせて、子ども達の衣裳の違いなどにも注目してみて下さいね☆

昔の民族たちは世界共通で自然界の至る所に神様や精霊が宿っていると信じ、敬い、いつも共存しながら暮らしていました。
文明が発達するにつれて人間の暮らしは便利になってきましたが、人工物に囲まれ生活に追われる毎日では、そのようなことを考えなくなってきてしまったように思います。
ふと見上げた空の雲や星、公園の木々や花たちにも、もしかしたら精霊が宿っているのかも…と感じてみると少し優しい気持ちになるのではないでしょうか。
私たちの作品から同じような感覚が生まれ、皆さまに少しでも感じていただけたとしたら大変嬉しいです。

◼スタジオ出演情報◼

☆札幌文化団体協議会主催
『札文団フェスティバル』
8月30日(日)開演18時半〜
教育文化会館大ホール
チケット 1800円
「たからもののかくしばしょ」
構成•演出 赤川智保
振付•音楽編集•衣裳デザイン 赤川詩織 
振付 赤川修平

☆現代舞踊協会北海道支部主催
『北海道現代舞踊フェスティバル』
11月28日(土)18時開演
教育文化会館大ホール
チケット 3000円
◎オムニバス作品「霧の谷間」
台本・演出/能藤玲子
一章 霧わたり 振付/赤川智保
◎招聘振付作品「BARBAROI」
振付/二見一幸(神奈川県)

☆赤川智保モダンバレエスタジオ
『アトリエ・クリスマスコンサート』
12月24日(木)
教育文化会館小ホール



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode