札文団フェスティバルが無事に終演いたしました!

暖かい応援、本当にありがとうございました!
2歳7ヶ月のエンジェルさんから30代のベテランダンサーまで、一つの作品を表現する為にみんなで力を合わせてパフォーマンスすることができました!
約10分の作品だったのですが、
「あっというまだった!!」
「気がついたら終わってた!」
という感想が多く、ダンサー達がとても集中して取り組んでいた様子が伺えます。

今回は出演人数も多かったのですが、先輩お姉さんが小さな生徒のお世話をしたり、準備や後片付けなどをジュニア達で率先して行っていたり、学生男子が先生の重い荷物を当たり前のように運んでいたり・・・。
思いやり・譲り合いで楽屋での待機時間もスムーズに過ごせていました。
(一部のおチビちゃんはハシャギまくっておりましたが☆笑)

舞台を通して学ぶことはダンスのテクニックや豊かな感受性だけではなく、自分の仲間たちが安心して踊る為に何が出来るかを考えたり、組織の中での自分の役割や立ち位置を考えテキパキ動く事が出来るようになります。
今は小さなエンジェルさんたちも、きっと、この舞台で先輩お姉さんに優しく教えて貰った事を、小さな後輩に同じように教える日が来るでしょうね!

バレエという非日常的なシチュエーションの世界の中だからこそ「現実社会で役立つ想像力や行動力」が自然と身に着くということ。
こういう部分は、あまり知られていないかもしれません。

これからもスタジオでは、生徒たちがそれぞれ抱いている夢に向かう強い気持ちを応援していきます!

皆さん本当にお疲れ様でした☆



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode